« ロキソニンテープ | トップページ | 七十肩 »

2016年12月24日 (土)

IRC時代からテレパシー通信まで

今年のテーマはオンラインコミュニーケーションなので即時遠隔で、1対1ではなく複数人が同時のコミュニケーションとしてIRCの話を中心に書いてみたい。

1986年から1987年にかけて職場のLAN環境を整えてJUNETにもつなぎ、メールやネットニュースからこの世界に入ってきた。メーリングリスト(以下、ML)もメールを始めれば自然と参加していくことになるが、IRCは大阪市大に移ってWindowsのコミュニティに積極的に参加し始めてから始めた。IRCはInternet Relay ChatのことでRelayがついているのは複数のIRCサーバが連携して同じグループ(チャネルと呼ばれる)を運用する仕組みを持っているからである。日本で有名なのはWIDEが運用するものであるが、WIDEな人たちと連絡を取りたい時に使っただけで、わたし的には柳原秀基さんなどが中心になってるNT-Committee2と付き合い始めてからである。阪大時代はMac派であったが、大阪市大では全学のネットワーク管理者として赴任したので、一番トラブルするのはWindowsだろうと考えて、周りを見たらNT-Committee2があったわけである。古いメールを探すと1999年11月に柳原さんからのメールがあり、2000年初頭にNT-Committee2のメンバーになっていました。

前置きが長くなりましたが、このあたりのいろいろのコミュニティ活動は歴史として残しておきたいので少し回顧談でした。このNT-Committte2では2台のサーバがIRCサーバとして運用されていて、ほぼ全部のチャネルが共有されていたようです。IRCではPublicのチャネルは誰でも入れるチャネルとして用意されていて、それ以外は必要に応じて作成される。各チャネルは基本参加は自由であり、わたしの多くのチャネルに参加していた。

コミュニティなので嫌ならやめればいいし、嫌いなら話さなくとのいいので、IRCではignore(無視)のコマンドが用意されている。IRCはニックネームで参加するが、そのニックネームを指定してignoreコマンドを発行すると、そのニックネームの人(Botのこともある)の発言は表示されない。富士通が作ったWindowsのアプリにChocoaがあって、このChocoaがよくできていてスクリプトを書くとIRC参加時に自動的にignoreが動作させることができた。ニックネームは途中で変えることができるが正規表現でうまくignoreを発行するとほぼ捕捉できる。

このIRCはまだ使っていて、Windows使いからApple使いに変わったので手元にWindows機が減ってきて、今は書斎のSurfaceProだけになったので、帰宅して寝るまでと、日曜に在宅しているときぐらいになった。なぜWindows機にこだわるかというとignoreをしっかりサポートしてくれるのがChocoaだけで、散々、MacやiOSアプリなどを探したがignoreがなかったり、あっても英語しかサポートしてないかで、いくつか有料アプリを買ってみたが無駄でした。ここまでignoreにこだわるのはPublicチャネルに話をしたくない人がいるからで、そこまで無理してコミュニティ付き合いしたくないからでもある。またオンラインコミュニケーションにおけるignoreコマンドの有効性というか利用方法を調べてみたいという研究者としても気持ちもある(言い訳かな)。今はスクリプトを動かしていないので、毎晩IChocoaを起動させるたびにignore操作するので、これがまたigonore心をくすぐる。

余談ながら大阪市大の最終講義の後の懇親会の挨拶で、「今までは八方美人で基本断らなかったが、これからは嫌なものは断ります」と話して会場を沸かせています。

一人をignoreしても、他のニックネームの方達はignoreされた人とチャットをするので奇妙なスレッドが続くことになる。これもまた研究材料としては面白い。

で、このignoreって今はなんだろうと考えたらブロックですね。Twitterのブロックがわかりやすいですが、Twitterではアカウントに鍵をかけなければTweetは公開されるので、相手をブロックしてもダダ漏れになる。TwitterはReTweetがうざいので最近は使ってなくて、Facebookで話をするときつくは友達から削除、軽くは知り合いに降格になる。性格上、無視するようなので(どんな性格かを書こうと思ったが、これは書かない方がいいと判断)、それがIRCではignoreコマンドに、Facebookでは友達削除や知り合い降格になる。Facebookの友達削除は相手にわかるのであまりしないが、さすがにむかっとした時にやるようである。

Facebookも「いいね」以外に気持ちを選択できるようになったが、いずれ気持ちが脳波として測定できると偽れない気持ちがSNS上に流出するのではないかと思っている。現時点ではネコミミで代表されるNeuroSky社の技術が面白くて、額と耳たぶの間の電位差でα波、β波、γ波を測って「集中状態」と「リラックス状態」が人種、性別、年齢にかかわらず2点測定でほぼわかるそうで、ネコミミ連動型SNSがでて、ついでに飲酒度数もわかれば面白そう。脳科学研究者の話もたまに聞くので徐々に脳科学の成果が使われるようになるでしょうね。気持ちって究極の要配慮個人情報ですね。

ついでにビデオ会議だと表情でわかりそうだけど、ビデオ会議もアバターが代わりに喋る選択も出てきそうで、こちらのオンラインコミュニケーションもどう変化していくかも興味がある。

|

« ロキソニンテープ | トップページ | 七十肩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。