« 2017年12月 | トップページ | 2019年6月 »

2018年12月

2018年12月25日 (火)

新しいガジェット、新しいサービス

今年のアドベンターは「啓発」だそうですが、わたしの担当者によると「いつも新しくて便利なものを華麗に使いこなしているお話とか聞きたいですね。子供らは新しいサービスにすぐ飛びつきますから」と言われたのですが、子供と言っても普段接しているのが主に大学生で、たまに高校生なので、それを含みに読んでいただければと。
ネットワーカーは酒飲みでスケベが良いと時々発言しますが、このうちのスケベは「何にでも好奇心を持つこと」で特にITの世界ではこれが必要です。
帝塚山学院大学の情報メディア学科に招聘特任教授として赴任して6年たちました。映像や音楽の先生もおられる学科だったので、情報ツールと情報コンテンツが両方学べるというキャッチコピーにしました。更にソーシャルメディアの専任教員も追加されて、時代に合った学科にしました。いうだけでは駄目で新しい科目のセキュリティなども担当しゼミも持つことになりました。情報ツールを使いこなして次を考えるゼミにしました。
ところが高校回りをしてみるとITに興味を持つ高校生が少ない事に気がついて、さりとてスマホやYoutubeは好きなようで、そこから攻めることにしました。高校回りでもロボホンやタブレットやスマホが持っていきます。学科でもPepperはリースで導入してもらって、私もロボホンが出た時に、ロボットの専門家に肯定的なコメントをもらったので購入しました。ヨドバシカメラで買ったので、そのポイントで純正の袋や椅子が買えてこれも良かったようです。
講義ではMacとiPadとiPhoneをVGA切替機で切り替えながら説明し、長丁場の90分講義の合間にYoutubeの映像などをを挟みます。説明に使うYoutubeやウェブは教材用のLMSにあらかじめ置いてあるので、出来る学生は同時に自分でも見ているようです。
私が色々と新しいガジェットやサービスを買って利用するのは、学生になるべく興味を持ってもらいたいからで、iPhoneにも興味を持ってもらえそうなアプリをいれ、Netflixなどの話もするようにしているので、興味を持った学生がそのアプリをインストールしたり、Netflixに入ってみたりしています。Androidスマホの学生のいるので、これはChromecastで対応するようにしました。
講義ではなぜ私がこれを買ったのかとか、利用しているのかと、少し未来のことも含めて話します。面白いのは学生はスマホのアプリは無料のものしかインストールしないようで、有料でもいいものは長い目で見ると安いよという納得してくれたりします。私のスマホアプリで高価なのは1200円(購入当時)の小遣い帳ですが、今、調べたら2009年元旦から記録があるので、ほぼ10年使っているので毎年100円の買い物でとても便利ですと学生には伝えると、納得した学生は有料の中で便利そうなものを買うようです。ロボホンもロボット関係者からペッパー以上にハードはいいと聞いたのと、この手のロボットの値ごろ感が20万円以上とロボット好きな人たちから聞いていたので買ったものです。AIとロボットはこれからを教えるのに必須で、ロボホンは持ち歩けますからね。最近、買ったものではPocketalkがありますが、これもNICTのエンジンを参照していると聞いて買いました。Siriとかと比較して話をすると興味を持って聞いてくれます。私の長所はいっぱいポケットを持っている人だそうで、当分、ポケットは増えていきそうです。
情報コンテンツの方では、情報メディア学科に赴任するという時点で、SkyPerfectと契約してBBCやCNNをはじめCSの番組も見るようにしました。映像メディアどう変化するかも見てみたいと思って、またNHKのオンデマンドでは特選の方を契約しています。たまたまあるセミナーの講師をした懇親会でNHKの担当者と歓談したときにNHKの考え方も聞いたのが大きいようです。オンデマンド系では主はNetflixですが、Amazon PrimeもFireStickを買ってみていますし、AppleTVは最初から買っていて、ハリーポッターの全巻も購入います。これらは学生に私の考え方を実際に表示したり、FireStickを使ってAmazon PrimeをHDMIで見せることで、これでもコンピュータですとか、HDMIやDVIやVGAの違いなどを説明するのに使っています。講義の中でぽろっと喋ったことを学生がコメント用紙で質問してくるので、それに次回答える形にしていて、まあ反復学習ですね。学生の興味は多岐にわたるので、場合によっては私も知らないことが多いのでググって調べて、そのURLを教材として示しながらやってます。Aクラスの学生はそれで満足していますし、Bクラスの学生にも部分的に届けばいいかと思っています。
最近はサブスクリプションの流れが出てきているので、それも実際に私が支払っているお金の話をしながら、ついでにビジネスモデルとかプロフィットモデルとかを説明しています。

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2019年6月 »