« 2019年6月 | トップページ

2019年12月

2019年12月26日 (木)

大学生の昔と今(学生時代のおもちゃの話

50年ぐらい前に大学の4年生で研究室に背側されました。教授と二人の助教授は全然別の研究をされていて、私は電磁気からシステム工学に変わられた助教授の元にもう一人の学生と一緒に配属されました。大学時代は何学部ですかと聞かれたらテニス部と答えたぐらい体育会系の学生でした。で、その研究室に配属されると君は好きそうやからあの片隅のコンピュータを触ってみて。錆びるから週に一回ぐらいと言われて使ったのがカシオのリレー式計算機でした。ルート4と入力するとすぐ2が出るのですが、ルート5をすると30秒かかります。またオリベッティの電卓があってプログラミングができるというので、、これも触らしてもらうと256ステップのプログラムができるのですが、数字の「124」を入れると3ステップとか。250万円とか。博士課程の時代に学科の教授、助教授をアンケートととって評価する担当をした時に集計に使いました。点が悪い教授には睨まれましたが、点の良い助教授からは喜ばれて、その助教授がMixiの社長の息子さんの父親だったりしました。

助手になって研究室にミニコンが来たら、そのミニコンを24時間稼働させて、学生に時間を割り振って研究に使ってもらいました。当時、スタートレックのゲームが流行っていたのでミニコンに入れて遊んでいたのですが、当時はディスプレーはなくてテレタイプだったので、一画面毎に印刷するので紙がもったいないので、トイレットペーパーに印刷したのも楽しい思い出です。

街ではスペースインベーダゲームが喫茶店などで大流行りで、インベーダゲームを研究室で作った、CPUがモトローラ(6801か6809)の手作りマイコンで作成して遊んでもらいました。1978年ぐらいですね。他講座からも遊びにくるほどの人気で、おかげで隣の研究室がシャープのMZ80Kを購入したときにZ80の機械語を触って見たかったのでMZ80Kで動くインベーダゲームを作ってみました。モトローラの石は触っていたミニコンと同じような命令体系だったのですが、インテル系の石は独特の命令体系を持っていたので気になっていて興味深々でどう料理しようかとワクワクして
MZ80Kで動かしました。結局、ローダの部分をBASICで書いて、ゲームの機械語をDATA文で処理して対応。その頃、大阪で初めてマイコンショーが開かれたいて、こっそりとマイコンショーで展示されているMZ80Kにスペースインベーたのプログラムを動かしました。手作りマイコンが作れたのは当時、二人学生(M2とB4)がハードウェアに詳しくて彼らが中心になって作成したもので、そのうちの一人は日立製作所の研究所の所長にもなった私の教え子では一番頭のよかった学生でした。マイコンショーも相談員というコーナーがあるので、その学生などを派遣したら、研究室に戻ってきて「にーちゃん、インベーダゲームはどれぐらいの金を払ろたら、作ってもらえんねん」とその筋系の人が来てびびったと報告がありました。私は4K BASICを手作りマイコン上で作ってというソフトウェア担当だったのですが、メモリーぐらい半田付けさせろとメモリーボードを作ったら動作しない。おかしいなあとクロックを1Hzにしてシンクロで見ると見事に16ビットのアドレスラインを反対に半田付けしてしてました。いまでもハードは苦手なようで、Plen:bitのロボット二台もゼミの学生に作ってもらったりしてます。

1980年に任天堂がゲーム&ウォッチというゲームを出したというので買ってみました。液晶の画面でボールをお手玉のように動かすというようなゲームなのですが、高速にすると液晶のシャッタースピードが間に合わずボールが消える(見えない)ものでした。任天堂がシャープの協力で作ったゲーム機ですが、ノウハウを得た任天堂は次の機種からソフトウェアの開発は独自でやっていると聞いてゲームの世界もなかな赤のものだと思ったものです。後日談ですが、いまでもコンピュータが好きな学生が入学してくるので、先日、彼らの案内で日本橋を歩いていたら、古いゲーム機やソフトを売っているお店で、なんとゲーム&ウォッチを発見して感激しました。

大学生の頃にトランジスターが出て、1ビットのFlip Flopが1000円で作れると皆で興奮したものでした。時は流れ学生に卒業研究のテーマを聞くとゲームの映像配信が希望が多くてゲーム機もSwitchやPS4が主流です。先日もPS4を4台使って、ビデオのスイッチャーがあるので4画像を1スクリーンに収めて、先生役と教えてもらう役に分かれて、ゲームのやり方を教えながら、生徒役が徐々に上達するというのを泊まり込みでやってました。ゲームは一人で楽しむだけでなく、ゲームを中継してYoutuberのようにギャラリーを集める時代になったのだなあを実感した次第です。とはいうものの私はRPGやアクションもののゲームは好きではなくて(やれないというのが真実かな)、相変わらずDSのブツ森をほぼ毎朝やっていて、発売が2001年4月だそうで、かれこれ20年近くやっています。Mixiの日記も毎日書いているから粘り強いのでしょうね。ポケモンGOも今の学生はすぐ飽きてしまって、もうあまりやってません。

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ