心と体

2017年1月22日 (日)

七十肩

先週の日曜あたりから両肩に違和感があって、右はもともと金属疲労しているので仕方がないのですが、左が変になったのは初めて。ぎっちょなので、箸とラケットより重いものは左手で持たないように高校以来やってきて、やっとその左が金属疲労かと。で、左肩を中心に手が上に上がらなくなったり、服の左手を通すのにいててと時間がかかったり、ドアのノブが左手で回して手前に引けない。四十肩や五十肩の経験はないけど、これが噂の四/五十肩かと。ちょっと嬉しかった。それで水曜から左肩にロキソニンテープを夜だけ貼って木曜も貼ったら、なんという事でしょう、だいぶ楽になってきました。今日のフィットネスでは、バーベル的なマシンだけは辛くて15回を6回でやめましたが、他は問題なく。今度、診察の問診で相談して見ます。

| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

ロキソニンテープ

今回の旅行、いやシンポジウム参加で唯一の忘れ物が右肩に貼るロキソニンテープ。2年前の5月に右腕がおかしくなってカバンを変えたりしたときに右肩にも 内科の主治医と相談してこのテープを毎晩寝る前に貼ってました。今回、それを忘れたので、忘れたと思ったときには気持ち右腕がちょっとと思ったのですが、 ほぼ6日ほど貼ってなくて(旅行の前の2日間も酔って帰ったので貼るのを忘れた)どうかと思ったけど結論的には大丈夫みたいです。まあ気休めで毎日でなく てもいいので貼っておくかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

【闘】適量

本当は健康で書きたかったのですが長くなるので後日

お酒の話です。

家で呑むと経験的に外で呑むより1/3しか呑めないと言うか
すぐ酔ってしまいます。

私の理論だと外だと線が10本ほど貼り付けているので
家では「酔ってつぶれない」ぐらいの線しかないので
すぐ酔うのだろうと思っています。
外の10本の線は「外では酔いつぶれない」線も太い分
数的には多くて、それ以外にいつも年長さんなので、他の
人の酔いもちぇっくしないといけない、支払いも考えないと
いけない、とか考えていたら10本ぐらいに

てな話を時々すると、そんなこと考えて呑んだはるのですかと
良く言われます。ずっと学生をかかえて呑んでいるからでしょうね。
特に阪大時代は教授が呑めない先生だったので、ずっと宴会担当

で、適量ですが、最近、ワインを家で飲み始めて適量はボトル1/3
外では1/2でしたから、今は楽しく呑めば一本は呑めそうなので
そんなものでしょうね。

外ではリミットを決めていて、生中二杯、店によりますが、日本酒三杯
最後にロックで三杯と決めています。

経験的に半時間でコップ酒を二杯呑むと吐くので、まずは
ビールから入るようにしています。度数の高いのは90度以上でも
呑める胃のようなので大丈夫ですが、徐々に度数を上げる工夫を

口の悪い教え子は、店を出るとそのリミットはリセットですね
といいますが、それは体調と翌日しだいかな

さすがに洋酒のストレートは翌日残るようになってきました。

焼酎や泡盛はあまり好きではなくて、でもロックで呑むので
帰ってから効いてくるのが不思議です。

ワインを飲み始めて分かったのですが、酔いが鼻から上へ斜め
前方に酔いが残りますね。日本酒をちょっと違う。

いずれにしても、おいしい酒はおいしい。

| | コメント (0)