« Yosemite奮戦記 | トップページ | 昨日の講義の反省 »

2015年2月 5日 (木)

中野は蕪価の呪縛から逃れた

ずっと朝起きて頭と体が立ち上がるのが遅いので「おいでよ どうぶつの森」(以下、ぶつ森)をやりながら頭と体を起こすことを日課にしています。ぶつ森には日曜の朝に白蕪と赤蕪を売りに来るイノシシおばさんがい て、6時から12時の間に売ってくれます。白蕪は月曜から土曜まで午前と午後にお店で蕪価がついて売買できます。最大6倍ぐらいで売れます。赤蕪は毎日 水をやると土曜に15倍で売れますが、毎週1000ベルで一個しか買えません。ぶつ森は2005年11月に発売だそうで、20006年には買っていたので しょうね。2009年3月から蕪価の変動をメモするようになりました。以後、Wii版が出て、3DS用の「とびだせ どうぶつの森」(以下、とび森)が出ています。Wii版は買ったけどだめだめで教え子にあげました。とび森はWiiの不評を受けてかかなり改善されていま す。DSも市大の最終講義のときに3DSをプレゼントされて、こちらを使っています。3D機能はやはり不評。とび森に変わればいいのですが、蕪の貯金が半 端ではなくなっていたのでそのまま継続。今日の時点で4億2589万ベル。1億ベルの時点で「まさか、そんなに貯める人がいるとは」というスクリプトをも らいました。で、10億ベルまでは生きているかなと、その時、スクリプトは出るかなと楽しみにしていましたが、先日、2回ハングして、もぐらさんに怒られ ました。最近はスズランも出てこなくて50以上あったスズラン畑も寂しくなっていて、もうそろそろやめようかなと思ったときのハングで、あっさり蕪価生活 に見切りをつけました。あと3年は忙しくなりそうとわかったからでもあります。3DSのファームがアップデートされたので、その影響でしょうか。任天堂の ぶつ森切り捨てか。とはいえ、朝の頭と体を起こす作業は必要なので、ぶつ森ととび森の「花に水やり」と「ペンペン草などの除去」はするので、毎日ではなく ともなんとかなりそうです。カバンに3DSを入れなくとも済むの200gぐらいは軽くなりますね。朝と帰宅後だとお店が開いてないのが問題です。

|

« Yosemite奮戦記 | トップページ | 昨日の講義の反省 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517521/61087671

この記事へのトラックバック一覧です: 中野は蕪価の呪縛から逃れた:

« Yosemite奮戦記 | トップページ | 昨日の講義の反省 »